どろろ

どろろ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

映画「どろろ」を観に亀有のアリオへ。
満席でした。





・・・映画の感想(ネタバレあり)・・・


人気

まずはどろろについて。
昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の最高傑作とも言われている怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すために男装した泥棒“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。主演の百鬼丸役に『涙そうそう』の妻夫木聡、どろろ役に『県庁の星』の柴咲コウを迎え、初の本格的なアクションを披露する。男女間の微妙な心情を強調したドラマや総製作費20億円以上を投入した。

内容
戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろ(柴咲コウ)は百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、彼を追いかけ始める。


監督は「この胸いっぱいの愛を」の塩田監督。
出演は妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団ひとり 、中村嘉葎雄 、原田芳雄 、中井貴一、他。


さてさて。
この「どろろ」は、うちの社長が長年映画化したいと言い続けていた作品でもあり(出来なかったけど)、その影響で原作も読んでいたので楽しみにしていました。



原作とは違う設定もいくつかありました。


アクション監督は、チン・シウトン。
なるほど。
だから中国っぽいアクションなんだなぁと思わせられました。

衣装デザインは黒澤監督の娘さん、黒澤和子さん。
派手すぎず、でもインパクトのある衣装でした。

キャラクターデザインは「妖怪大戦争」の百武朋さん。
私は妖怪大戦争を観ていないけどw
好きなキャラは巨大胎児www
予告で観てから気になって、気になってw
あと、土屋アンナ演じるマイマイオンバも微妙な部分はあったけど印象に残りました。

さてさて。
映画本編の感想は、「面白いッ!」
原作を読んでいると、色んな設定の違いに違和感を感じる人も居るのかもしれないけど、私はもうこのパターンに慣れているので問題なし。
柴崎コウさんも、昔より演技力UP(若干w)。
上手とは言えないけど、伸び伸びと演じていて気持ち良かったです。
妻夫木くんも渋く、また演技も良かった。
ちょい役の劇団ひとり、同じちょい役のインスタントジョンソンの3人も見物w
登場した瞬間に心の中で大笑いw

物語は何となく”2”があるんだろうな。と思わせる形で終結。
もし”2”があるなら是非観たいですね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。